住宅改修に付帯して必要となる住宅改修


 その他住宅改修告示第1号から第5号までに掲げる住宅改修に付帯して必要となる住宅改修としては、それぞれ以下のものが考えられる。

@手すりの取付け
  手すりの取付けのための壁の下地補強
 A床段差の解消
  浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
 B床材の変更
  床材の変更のための下地の補修や根太の補強
 C扉の取替え
  扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
 D便器の取替え
便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く。)、便器の取替えに伴う床材の変更

 

提供:住宅改修 介護保険活用法