補助金額







支給限度基準額は20万円で介護保険は1割負担のため最大18万円が保険給付(補助)されます。

なお、市区町村によっては独自で上乗せ補助を実施しているところもありますのでご確認ください。

 

参考
なぜ20万円という基準になったのか(平成12年3月8日 老企第42号)
住宅改修費の支給対象となる住宅改修は、被保険者の資産形成につながらないよう、また住宅改修について制約を受ける賃貸住宅等に居住する高齢者との均衡等も考慮して、手すりの取付け、床段差の解消等比較的小規模なものとしたところであり、これらに通常要する費用を勘案して、基準額告示において、居宅介護住宅改修費支給限度基準額及び居宅支援住宅改修費支給限度基準額を20万円としたところである。

 

提供:住宅改修 介護保険活用法