2000円もらえる?



「住宅改修支援事業における住宅改修理由書作成費の取り扱いについて」(平成15年3月18日厚労省老健局計画課振興課事務連絡)において、住宅改修を必要とする理由書の作成については、介護支援専門員が居宅介護支援事業の一環として行なうものとして、居宅介護支援の提供を受けている要介護者等については、この事業の対象とせず給付を行なわないとされました。

 例えば、利用者さんに担当のケアマネジャーがいて介護サービスを受けている場合、ケアマネジャーが受け取っている居宅介護支援の報酬の中に住宅改修作成費も含まれるという意味だと思います。

 したがって、居宅介護支援の報酬を受け取っている状態でケアマネジャーはもちろんケアマネジャー以外の方が理由書を作成しても2000円はもらえないことになります。逆に、居宅介護支援の報酬を受け取ってない状況でケアマネジャーなどが理由書を作成した場合2000円もらえる可能性が高いと思われますので手続きしてください。

 ただし、2000円の支給制度は多くの市区町村で実施されていると思いますが、各自治体で要綱などに基づき運用されているはずです。実施していない自治体や取り扱いが多少違う場合がありますのでご注意ください。


 

提供:住宅改修 介護保険活用法