償還払いと受領委任払い違いについて



住宅改修費の支給方法は基本的に償還払い方式で実施されるが、一部の市区町村では利用者やその家族の一時的な負担を軽減するため受領委任払い方式を導入し利用者が選択できる所があります。


【償還払い】

 利用者は、住宅改修事業者に住宅改修に要した費用を工事完了後に一旦全額支払います。対象の改修工事と認められれば、後日、対象工事費に保険給付率を乗じて得た額を利用者に対して支給します。

【受領委任払い】

 利用者は、工事全体の金額のうち介護保険から支払われる介護保険給付費分を除いた金額を住宅改修事業者に支払います。介護保険給付費分は、後日、市から住宅改修事業に直接支払われます。
受領委任払いのメリットは、一時的に工事費用の全額を負担することなく、20万円以内の住宅改修であれば、費用の1割を支払うだけで住宅改修が行えることです。
ただし、改修事業者が愛西市に登録されている住宅改修費受領委任払い制度取扱事業所でなければ受領委任払いの利用はできません。また、保険料の滞納により給付制限を受けている場合も利用できません。

 

提供:住宅改修 介護保険活用法