転居したら再度改修できる?


転居した場合の支給限度額管理は、施行規則第76条第1項及び第95条の規定により、現に居住している住宅に係る住宅改修費のみを対象として行うこととしており、当該住宅以外の住宅について支給された住宅改修費については、支給限度額管理の対象とはならない。よって、転居した場合には改めて支給限度基準額(20万円)までの住宅改修費の支給を受けることが可能となる。


 

提供:住宅改修 介護保険活用法