住宅改修について

 


介護保険が適用される住宅改修の内容について

1、手すりの取付け
 廊下、便所、浴室、玄関等に転倒予防や移動、移乗動作の助けになることを目的とします。

2、床段差の解消
 敷居を低くする工事 ・スロープを設置する工事 ・浴室の床のかさ上げなどです。

3、滑りの防止、移動の円滑化などのための床材の変更
 畳敷から板製床材・などへの変更・床材の滑りにくいものへの変更など

4、引き戸などへのドアの取り替え
 開き戸を引き戸・折戸・アコーディオンカーテン等に取り替える・ドアノブの変更など

5、洋式便器等への便器の取り替え
 和式便器を洋式便器に取り替え

6、その他これらの工事に付随して必要な工事などです。

戻る

 

提供:住宅改修 介護保険活用法